「岩手、日本の宝物だ」-。プロ野球日本ハムが広島との日本シリーズを4勝2敗で制し10年ぶりの頂点に立った29日、自身初の日本一の夢を果たした大谷翔平選手(花巻東高)に県民らが祝福の言葉を贈った。

 花巻東高の佐々木洋監督は「私は勝たせてあげられなかったので、いい経験をさせてもらい感謝したい。1戦目で勝てず、終わり方もいい。これからが勝負。もう一度リセットし目標設定をして取り組んでほしい」とエールを送った。

 大谷選手の母校・姉体小(奥州市水沢区)に応援の横断幕を設置した姉体町振興会の立花公夫会長(75)は「地域は大谷選手の話題でもちきりだった。初戦で先発、第3戦でサヨナラ打を放つなど、こん...    
<記事全文を読む>