プロ野球日本一をかけて北海道日本ハムと広島が対戦しているSMBC日本シリーズ2016は29日から、広島市のマツダスタジアムに舞台を移し、第6、7戦が行われる。通算成績を3勝2敗とし、10年ぶりの日本一へ王手をかけている日本ハムの選手は28日、札幌から広島入りした。栗山監督は「この時期に野球ができるのは幸せ。精いっぱいぶつかっていきたい」と意気込みを述べた。

 広島空港に到着した大谷翔平、中田翔らは大勢のファンの出迎えを受けた。第6、7戦ともに午後6時半試合開始で、第6戦の予告先発は日本ハムが増井浩俊、広島が野村祐輔。

...    
<記事全文を読む>