プロ野球千葉ロッテからドラフト6位指名を受けた八戸工大一高の種市篤暉(あつき)投手は27日、青森県八戸市の同校で球団からのあいさつを受けた。種市は「プロの1軍で活躍できるよう真っすぐを速くしたり、スタミナを付けたりして、自分を伸ばしたい」と抱負を語った。

 球団関係者が訪れ、校長室で面談した。永野吉成チーフスカウトは記者会見で「2年間じっくり見た。フォークボールの落差があるのが非常に良く、馬力のある投手になれると思う」と評価した。

 種市と球団は11月上旬~中旬に契約を結ぶ見通し。

...    
<記事全文を読む>