「きょうが今季のベストピッチング」。メンドーサの快投がなければ、サヨナラ勝ちはなかったかもしれない。栗山監督は「大事な場面であれだけの投球をしてくれた。ありがたい」と賛辞を惜しまなかった。

 0―1の二回1死満塁の場面で先発加藤の後を継いだ。緊急登板だったが、「体もメンタル面の準備もできていた」。広島の先発は初戦で1点に抑えられたジョンソンで、これ以上の失点は致命傷になりかねない。「どれだけ大事な試合か分かっていた。加藤のためにも抑えたかった」と気合十分の助っ人右腕は力強いツーシームと落差のある変化球で後続2人を抑え、雄たけびをあげた。

 先発の時はペース配分しながら投げるが、「きょうは毎...    
<記事全文を読む>