日本シリーズ初登板の高梨は5回を投げて不運な形で失った1失点のみに抑え、先発の役割を十分に果たした。

 「リーグ戦と違って一発勝負なので初回から全力でいこう」と、最初から腕をしっかり振り続けた。一回は直球が良い時のバロメーターであるフライアウト三つで三者凡退に。五回は2死満塁で4番新井を迎えたが、「気持ちだけでは負けないように投げた」と得意の直球で詰まらせ、最少失点でしのいで味方の逆転劇につなげた。

...    
<記事全文を読む>