岡が大舞台で攻守に躍動した。陽に代わり、2試合連続で中堅手として先発出場した。今シリーズで初めて1番を任せられると一回、いきなりの先頭中前打。3番・大谷の打席でシリーズ初盗塁も決めた。さらに4番・中田の打席では岡田の暴投で、すかさず三塁へ。得点にはつながらなかったものの、リードオフマンとしての期待に応えた。

 守備でもビッグプレーが飛び出した。九回から右翼に回ると、一死で代打・小窪が放った大飛球をフェンス激突のジャンピングキャッチ。「フェンスの前で取れると思って行きました」。リードは2点。土壇場でのビッグプレーで流れを手放さなかった。

 しかし反省もある。四回の守備。二死一塁でエルドレッド...    
<記事全文を読む>