プロ野球のSMBC日本シリーズ2016は25日、札幌市の札幌ドームで第3戦があり、広島東洋カープは日本ハムに延長十回、3―4でサヨナラ負けし、対戦成績を2勝1敗とした。現役引退を表明後初めて先発した黒田博樹投手は六回途中、下半身に違和感を訴えて降板。5回2/3を85球、4安打1失点の力投で勝敗はつかなかった。

...    
<記事全文を読む>