バースが延長十回を無失点に抑え、サヨナラ勝利を引き寄せた。

 第1戦では、追加点を献上した石井に代わり3番手で登板したが、2者連続四球などで流れを手放した。それでも「うまく切り替えて準備するのが中継ぎの仕事。いつもと変わらない気持ちだったよ」。リセットし、汚名返上した。

 嫌な流れを断ち切る快投だった。1点リードの九回。二死から谷元が同点打を許した。バースは「とにかくゼロで抑えよう」。押せ押せムードの広島打線を積極性で圧倒した。

 2番・菊池からの好打順。2球であっという間に追い込み、まずは中飛に打ち取った。続く丸も直球とスライダーで追い込み、中飛で二死。4番・新井に初球を中前打されたが、鈴...    
<記事全文を読む>