「日本を代表する四番打者になりたい」。二十日夜のプロ野球ドラフト会議で、横浜DeNAベイスターズから五位指名を受けた明秀日立高(日立市)の細川成也さん(18)。指名後、晴れやかな表情で記者会見に臨み、将来の目標を語った。

 (酒井健) 夏の県大会では、エースで四番打者として大車輪の活躍、チームを準優勝に導いた。DeNAからは、希望通り外野手として指名された。運命のドラフト当日、校内でチームメートらと中継を見守った。指名された瞬間、生徒たちから大きな歓声と拍手が沸き起こった。本人いわく「緊張よりも、わくわくした気分だった」と早くも大物ぶりを見せつけた。

 記者会見では「小さい頃からプロ野球選...    
<記事全文を読む>