今季初めて「二刀流」に土がついた。レギュラーシーズン、ポストシーズンと合わせて先発で9度目の投手兼打者で臨んだ日本ハム・大谷。「後半までもつれる投手戦にできていれば、逆の点差になっていてもおかしくなかった。僕の失点でこうなってしまった」。流れを手放した連係プレーの失敗を悔やんだ。

 二回1死一、三塁から重盗で先制点を許した場面。連係の起点となった捕手・大野は「サインプレーなので言えない」と作戦の中身について口をつぐんだが、定石通りにいけば、投手がボールを止めて走者に対応しなければいけなかった。大谷は「防げる点だった」と反省しきり。

 その後も慣れない敵地のマウンドに対応できず、四回には「ボ...    
<記事全文を読む>