揺れる赤一色のスタンドに、ファイターズがのみ込まれた―。22日にマツダスタジアム(広島市)で行われたプロ野球日本シリーズ第1戦。北海道日本ハムは先発の大谷翔平投手が広島カープ打線に2本塁打を浴びるなどして1―5で敗れ、先勝を許した。敵地で声をからした日本ハムファンやテレビ観戦した道民は、第2戦の奮起を期待した。(1面参照) 1点をリードされて迎えた四回。大谷投手の速球を広島の中軸2打者が相次いでスタンドに打ち返した。3万人超と満員の球場で広島ファンが総立ちとなり、応援歌を大合唱した。3塁側2階席の2千人ほどの日本ハムファンは「頑張れ、頑張れ、大谷!」と返すのがやっとだった。

 打線は七回...    
<記事全文を読む>