プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)は20日、都内のホテルで開かれ、黒部市出身で専修大野球部主将の森山恵佑外野手(22)=桜井中、石川・星稜高出=が日本ハムから4位指名を受けた。県関係選手がドラフト指名を受けるのは、2014年にソフトバンクから育成枠で指名を受けた幸山一大外野手(富山第一高出)、中村恵吾投手(元富山GRNサンダーバーズ、15年に戦力外)以来2年ぶり。

 森山外野手は「一振りで相手に恐怖感を与えられる選手になりたい」と意気込みを語り、栗山監督は「映像を見て、どうしても欲しかった。軸になる打者。守りの軸にもしていかないといけない」と期待した。

 森山は身長188センチ、体...    
<記事全文を読む>