プロ野球のドラフト会議が20日、東京都内で開かれ、創価大の本格派右腕、田中正義投手をめぐって広島、巨人、日本ハム、ソフトバンク、ロッテの5球団が1位指名で競合し、ソフトバンクが抽選に勝って交渉権を獲得した。◆横浜高から夢舞台へ 70人超の報道陣に囲まれ、テレビ中継を見つめていた横浜高の藤平。楽天から1位指名を受けると、「少し不安でしたけど1位で指名していただき、とてもうれしい」とほっとした表情を浮かべた。

 楽天のイメージは桐光学園高出身の守護神松井裕だ。「神奈川出身の松井投手という身近な先輩や、オコエ選手にもいろいろ教わって成長し、梨田監督の目に留まりたい」と目を輝かせる。

 最速152...    
<記事全文を読む>