二十日のプロ野球のドラフト会議で、つくば秀英高校出身で白鴎大学(栃木県小山市)の二選手が上位指名を受けた。阪神タイガース1位の大山悠輔(ゆうすけ)選手(21)=写真(右)=と埼玉西武ライオンズ2位の中塚駿太(しゅんた)投手(21)=同(左)=は、それぞれプロでの活躍を力強く誓った。

 とびきりの笑顔が二つ並んだ。白鴎大での記者会見。高校から大学まで一緒に汗を流した両選手は、晴れやかな表情を浮かべた。

 二人ともに前夜は緊張して寝付けなかったという。「びっくりしたというのが本音。一位指名はうれしいし、自信になる」。そう語った大山選手は日米大学野球選手権大会で日本代表の4番を務めた強打に加え、...    
<記事全文を読む>