二十日のプロ野球ドラフト会議で、夏の甲子園に出場し、「高校ビッグ4」として注目を集めた横浜高校(横浜市金沢区)の藤平尚真(しょうま)投手(18)が楽天の一位指名を受けた。中学時代から日本代表に選ばれていた逸材は「新人王に強いこだわりがある」と、一年目からの活躍を誓った。

 (加藤豊大、梅野光春) 「一位で呼ばれるか不安な気持ちも少しあった。今は率直にうれしい」。会見場で表情を変えることのなかった藤平投手は、楽天から一位指名を受けると少しだけ表情を緩めた。

 二年生で夏の県大会のマウンドに登り、今夏は背番号1で横浜高を甲子園に導いた。だが甲子園では2回戦で敗退。「高校では悔しい思いもしてきた...    
<記事全文を読む>