20日のプロ野球ドラフト会議で、都立日野高校(日野市)出身で桜美林大学4年の佐々木千隼(ちはや)投手(22)が千葉ロッテマリーンズに1位指名された。都立高校でプレーした選手が1位指名されるのは初めて。かつて指導した恩師や母校の野球部員からは「誇らしい」「夢を与える選手に」と喜びの声が上がった。

 (加藤健太) 佐々木投手はドラフト会議のテレビ中継を大学内で見守り、五球団の競合の末にロッテの交渉権獲得が決まると、ほっとした表情をみせた。記者会見では、都立高の野球部員に「都立からでもプロになれると証明できた。頑張って」とエールを送った。

 日野高の嶋田雅之監督(53)も大学に駆けつけ、教え子が...    
<記事全文を読む>