大谷も広島・黒田の引退を惜しんだ。「素晴らしい投手ですし、もう見られないと思うと寂しいけど、最後に対戦するチームで幸せ。最後まで見られるのは幸せだと思う」と、しみじみ話した。

 日本ハムのエースにとっても、日米通算203勝の右腕は尊敬の対象だった。「毎試合引退登板だと思って投げているというのを読んだことがある。実際に生で見られるので最後まで勉強になる」と、投手として学ぶべきことは多かった。

 日本シリーズを前にした引退発表により、広島は悲願の日本一へ、より一体感を強めたが、「そこに関しては全く気にしていない。それによって勝敗が変わることはないし、お互い全力でぶつかりたい」と大谷。真剣勝負に...    
<記事全文を読む>