東北楽天の柿沢貴裕内野手が高卒5年目になる来季、初の1軍昇格に意欲をみなぎらせている。今季は外野手から内野手に本格的に転向したのが奏功し、7月には育成から2季ぶりに支配下選手に再昇格した。どん底からはい上がってきただけに、「来季こそは1軍でプレーするという覚悟を持って臨みたい」と攻守のレベルアップに躍起だ。

 柿沢は2013年、ドラフト6位で鹿児島・神村学園高から入団。現在、宮崎県で行われている秋季教育リーグ(フェニックス・リーグ)に参加している。13日のオリックス戦、14日の韓国プロ野球の斗山戦では3番二塁で先発出場し、2試合連続で本塁打を放つ活躍を見せた。

 左打ちの柿沢は「右方向に引...    
<記事全文を読む>