プロ野球の日本シリーズ出場を懸けたクライマックスシリーズ(CS)のファイナルステージが12日開幕し、パ・リーグ覇者の北海道日本ハムは札幌ドームでソフトバンクに6―0で勝った。リーグ優勝チームに1勝のアドバンテージがあり、日本ハムが対戦成績を2勝0敗とした。

 日本ハムは先発のエース大谷翔平が7回を無失点に抑え、4番・中田翔が本塁打を放つなど投打の主役が活躍した。第2戦も札幌ドームで、13日午後6時から行われる。

 セ・リーグはリーグ優勝の広島がDeNAを5―0で下した。対戦成績は1勝のアドバンテージがある広島の2勝0敗。

...    
<記事全文を読む>