中継ぎ陣もCSに向けた最終調整を完了。短期決戦で鍵を握るブルペンには一分のスキもない。

 今季最優秀中継ぎのタイトルを獲得した宮西は9月26日以来の実戦登板。レアード、大野、中島を6球で3者凡退に仕留めた。「やりたいことをやる前に早打ちされて終わってしまった」と苦笑いしたが、2万人超の観衆に好調を証明した。

 昨季は左肘痛の影響でCS登板がないまま終わった。2014年は左足を疲労骨折しながら戦った。目標の日本一へ突破しなければいけない第一関門。宮西は「勝負どころは日本シリーズ。(短期決戦は)負けていてもいくと思うし、全試合投げるつもりで準備する」とフル回転を誓った。

 守護神・マーティンも完...    
<記事全文を読む>