千葉ロッテの第1戦の先発を託された涌井はキャッチボールなどで調整し「とにかく勝てばいい。何球投げても、何点取られても…。自分のいい投球をしようとかは考えていない」とチームの勝利だけを強調して、闘志を燃やした。

 今季の成績では第2戦が濃厚な石川が上回るが、伊東監督は「特別な試合。経験値を買った。いい投球をしてくれる」と期待を込める。ソフトバンク打線は主軸の柳田が戻ってくるが、涌井は「もともと想定してやっている」と頼もしかった。

...    
<記事全文を読む>