広島東洋カープの2軍は今季のウエスタン・リーグ全日程を終了した。109試合を戦い40勝58敗の4位。今春就任した水本勝己監督は「育成」に重点を置き、若手の底上げや主力の調整に成果を上げ、1軍の優勝に貢献した。投打のデータからリーグを振り返る。

...    
<記事全文を読む>