◇日本ハム3-1ロッテ 日本ハムが快勝した。一回1死二、三塁で中田の三ゴロが失策を誘って2点を先制。二回に渡辺のプロ初本塁打で1点を加えた。2番手の増井が7年目で初の10勝目。ロッテは打線が3安打と振るわず、チェンを援護できなかった。

 真っすぐのみの3球に生きざまを込めた。11年間の現役生活に終止符を打った日本ハム・武田勝。今季は最終戦が最初で最後の登板。「自分の納得いくまま、体が動くまま投げられた」。これまで先発陣の柱として4度の優勝に貢献した左腕の投球術は、後輩へと受け継がれた。

 変則のスリークオーターから、外角の際どいコースに投げ込んだ。「遅くても勝てることを若い人たちに伝えられる...    
<記事全文を読む>