独特の言い回しが、中日の黄金期を築いた男のせりふによく似ていた。「ベテランに追いつこうとしている連中が全員、10パーセントアップを考えて底上げしないと。このままでは無理でしょう」。就任会見に臨んだ森新監督は、選手へ厳しいげきを飛ばした。

 2003年10月。落合・現ゼネラルマネジャー(GM)が中日の監督に就任した時、語ったのが「現状から10パーセント底上げすれば優勝できる」という言葉だった。大きな補強に頼ることなく、現有戦力を鍛えてチームを強化。初めて率いた04年は開幕から好調を保ち、有言実行のリーグ制覇を成し遂げた。

 腹心の投手コーチとして当時の落合体制を支えた新監督の胸には、04年の...    
<記事全文を読む>