2020東京五輪・パラリンピック自転車競技の開催に向け、伊豆市は10月末まで、開催時に活動してもらうボランティアを募集している。第1期生として、英語対応と自転車競技対応の2種類で各30人を募っている。

 共通する応募条件は今年3月末時点で15歳以上。英語対応は、各種検定試験で一定以上の得点や級に到達している人か、海外で1年以上英語を使用して生活した経験がある人が条件。自転車競技対応は、自転車競技審判員3級以上か、自転車競技の解説が適切に行える人が条件。伊豆市民以外も可能。

 研修は17年1~3月に全5回開催。平日の日中か夜のどちらかのコースを選択する。各回1時間半程度。会場は伊豆市内。参加...    
<記事全文を読む>