松本市平田東の「新日本カスガボクシングジム」に所属する杉本愛さん(31)と慧さん(29)=いずれも同市島立=の姉妹が、ボクシングのプロテストに合格した。同ジムが加盟する東日本ボクシング協会で姉妹のプロボクサーが誕生するのは初。

 二人は米国に武者修行に行き、来年三月のデビュー戦を目指すことにしており「夢は始まったばかり。ボクシングを知らない人たちにも魅力を伝えていきたい」とゴングを心待ちにしている。

  二人は、中学校卒業後はニュージーランドの高校に進学。専門学校を経て現地の同じ病院でそれぞれ看護師として働いた。

 ボクシングを知ったのは、二〇一四年末に一時帰国した際に、自宅のテレビで見た世...    
<記事全文を読む>