大相撲十両で鳥取市出身の石浦(26)=本名石浦将勝、宮城野部屋=の九州場所(11月13日初日・福岡国際センター)新入幕が濃厚になったことが28日、分かった。正式に決まれば、鳥取県出身者の幕内力士は1963年春場所の横綱琴桜(先代佐渡ケ嶽親方)以来、53年ぶりとなる。

 日本相撲協会の番付編成会議が東京・両国国技館であり、宮城野部屋関係者から石浦本人と父で鳥取城北高の石浦外喜義校長に連絡が入った。九州場所の番付は10月31日に発表される。

 鳥取城北高出身の石浦は日大を経て2013年初場所で初土俵。15年春場所から十両に昇進し、東の6枚目で迎えた秋場所で9勝6敗の好成績を挙げた。

 身長173...    
<記事全文を読む>