花巻市は26日、同市東和町の田瀬湖が2020年東京五輪のボート日本代表の合宿地に決まったと発表した。同年6月中旬~7月中旬に五輪代表選手とコーチ陣、サポートスタッフら約20人が最終調整する。

 田瀬湖ボートコースは日本ボート協会が国内B級コース(全長2千メートル)に認定しており、最大8レーンでレースができる。北上高地の山々に囲まれて波風の影響が少なく、夏も涼しいのが特徴。岩手国体本大会でも同競技の会場となる。

 日本代表は00年シドニー五輪、04年アテネ五輪、08年北京五輪の3大会連続で事前合宿を田瀬湖で行っている。ギリシャ代表を受け入れるなどの実績もあり、今回の決定につながった。

 東京五...    
<記事全文を読む>