大相撲秋場所で初優勝した大関豪栄道関は、埼玉栄高校(さいたま市西区)の相撲部出身者で初の幕内優勝力士となった。秋場所では、同じ相撲部OBの十両大輝関も初優勝。二十六日、同高の相撲場では、先輩たちに続けと後輩部員が熱のこもった練習に取り組んでいた。

 埼玉栄高校相撲部は高校総体九度優勝などで計四十七回の全国優勝を誇る名門。豪栄道関は高校入学と同時に故郷・大阪を離れ、山田道紀(みちのり)監督夫婦や他の部員と一緒に寮生活を送り、心身を鍛えた。しこ名も校名や山田監督の名から取り、今もたびたび足を運ぶなど母校への思いは深い。

 二十六日は文化祭の振り替え休日で授業はなかったが、相撲部員たちはいつも...    
<記事全文を読む>