NPO法人スペシャルオリンピックス(SO)日本・山口は25日、下関市椋野町の市立青年の家でボッチャ競技会を開いた。障害のある選手(アスリート)と障害のない選手(パートナー)計約140人が合同チームを結成し、競技に親しみ親交を深めた。SOは知的障害のある人たちにスポーツトレーニングや競技会を開催して自立や社会参加を目指そうと創設された国際組織。障害のある人とない人がともにスポーツを楽しむ今年の「ESKデー」が25日に当たることもあり、簡単で障害の有無に関係なく楽しめるボッチャの競技会を開いた。赤青2チームが球を6球ずつ投げたり転がしたりして、ジャックボールと呼ばれる白い目標球にいかに近づ...    
<記事全文を読む>