イギリス発祥のスポーツ「ローンボウルズ」の室内練習用カーペットが、中四国で初めて高知大学(高知市曙町2丁目)に備えられた。日本ではまだ認知度が低いスポーツとあって、同好会がある高知大学に認定NPO法人ローンボウルズ日本(事務局・神戸市)が貸与した。関係者は「高知大学を拠点に競技を広めていきたい」と意気込んでいる。

 ローンボウルズは直径12~13センチ、重さ約1・5キロの球を転がし、目標球(ジャック)により近づけて点数を競う。リオデジャネイロ・パラリンピックで注目を集めたボッチャや、ペタンクに似たスポーツ。イギリスやオーストラリアで盛んだ。

...    
<記事全文を読む>