日本スポーツマスターズ2016秋田大会(日本体育協会、県、県体育協会主催)は25日、8市町で11競技が行われた。県勢は、自転車男子ケイリン3部など2種目で加藤忍(48)=美郷町=が2位入賞、空手道男子個人組手4部で石塚司(58)=秋田市=が準優勝した。26日は7市町で10競技が行われる。

 会場に駆け付けた教え子たちの声援を力に変え、空手道男子個人組手4部(55~59歳)の石塚司(58)=秋田市=は6年ぶり2度目の準優勝。「秋田大会で初優勝したかった。悔しさはあるが、試合を楽しむことができた」と汗を拭った。

 先月下旬に右ふくらはぎの肉離れを起こして万全ではなく、さらにこの日の試合で左足首...    
<記事全文を読む>