アジアリーグアイスホッケーの東北フリーブレイズは25日、八戸市のテクノルアイスパーク八戸でチャイナドラゴンとの第3戦に臨み、4―0で完封勝ちした。同一カード3連勝で、連勝を6に伸ばした。

 第1ピリオド11分に、数的有利のパワープレーで田中遼が先制弾。第2、第3ピリオドでも着実に得点し、GK伊藤優人が最後までゴールを守り抜いた。

 若林クリス監督は「9月に最低7勝するという目標は達成できた。10月の初戦も勝ちたい」と話した。

 ブレイズは10月1、2、4日と同会場でサハリンと対戦する。

...    
<記事全文を読む>