沖縄尚学高校と同中学校が全国に先駆けて沖縄空手を必修授業にしてから10年目に入った。高校生は4割以上が卒業までに黒帯を取得し、「文部両道」「グローバル教育」を掲げる同校の特色の一つになっている。

 「イチ、ニー、サン、シー」。指導者の声に合わせて、生徒たちが突きや蹴りを繰り出す。この日は、高校2年生の5学級が合同で稽古していた。「パシッ、パシッ」と乾いた音を立てながら動作を決める光景は壮観。海外から交流に訪れた生徒も、見よう見まねで取り組んでいた。

 同中高では週に1回70分、空手の形の授業がある。生徒は「小林流」「剛柔流」「上地流」「松林流」の4流派の中から選択して稽古を進める。講師を派...    
<記事全文を読む>