50メートルの短距離タイムを競う「第34回千葉県スプリント選手権水泳競技大会」(主催=県水泳連盟・千葉日報社、後援=県教育委員会・県体育協会、協賛=大塚製薬)が24日、習志野市の県国際総合水泳場で開幕した。

 大会には、小学生から社会人まで77団体、1537人が参加。初日は50メートル自由形、同バタフライ、200メートルリレーの3種目をそれぞれ男女・年齢別で競技。スタンドからの応援を受けながら、最高タイムを目指して力泳した=写真。

 2日目の27日は、午前9時半から50メートル背泳ぎ、50メートル平泳ぎ、200メートルメドレーリレーを行う。

 2日間の大会結果は10月1日付本紙に掲載予定。<...    
<記事全文を読む>