【宇都宮】城山地区の水稲生産グループ「城山水稲四石会(よんこくかい)」、自転車ロードレースの宇都宮ブリッツェンが取り組む「宇都宮ブリッツェン米」の稲刈りとパッケージデザインの発表が24日、田野町の宇都宮ブリッツェンファームで行われた。

 城山西小の児童、城山水稲四石会と宇都宮ブリッツェンの関係者約40人が参加。小雨が降る中、黄金色に染まった食味に定評がある品種「ゆうだい21」をのこぎり鎌で手刈りした。

 文星芸大付属高美術部が制作したパッケージデザインもお披露目。おにぎりの試食会では「もちもち感がありおいしい」との声が上がった。

 10月末に市内で行われるジャパンカップサイクルロードレースで...    
<記事全文を読む>