山口県は23日、リオデジャネイロ五輪の柔道男子73キロ級で金メダルを獲得した大野将平選手(24)=旭化成、山口市出身=に県民栄誉賞と県スポーツ特別褒賞を授与した。卓球男子団体で銀メダルの吉村真晴選手(23)=名古屋ダイハツ、野田学園高卒=とリオデジャネイロ・パラリンピックの柔道女子57キロ級で銅メダルの広瀬順子選手(25)=伊藤忠丸紅鉄鋼、山口市出身=には県スポーツ特別褒賞を贈った。県民栄誉賞の受賞は、2004年アテネ五輪の柔道女子78キロ級で金メダルを獲得した萩市出身の阿武教子さん以来12年ぶり2人目。村岡嗣政知事は「内容にもこだわった気持ちのいい柔道を見せてくれた。東京で五輪連覇を...    
<記事全文を読む>