藤沢市が、障害者スポーツ全般を統括する団体の設立を検討している。市内の障害者スポーツ界には健常者スポーツの種目別協会や体育協会に当たる組織がなく、普及・振興のためには同様の組織化が不可欠と判断した。統括団体の主導で情報発信や競技者同士の交流を進めて機運を盛り上げ、2020年東京パラリンピックへとつなげる。

 市が設立を想定しているのは、障害者スポーツの全種目を緩やかに統括する連絡協議会(仮称)。市単位では競技人口が少なく種目別の協会を設立・運営していくことが難しいため、あらゆる種目の団体・チームが直接加盟する方式を採用する。

 そのため協議会の主な役割は、障害者スポーツ全般の普及・啓発、競...    
<記事全文を読む>