バドミントンのヨネックス・オープン・ジャパン第4日は23日、東京体育館で各種目の準々決勝が行われた。リオデジャネイロ五輪女子シングルスで銅メダルを獲得した第2シードの奥原希望(日本ユニシス・大町市仁科台中―大宮東高出)は、第6シードの山口茜(再春館製薬所)に11―21、21―23で敗れ、準決勝進出を逃した。

 女子ダブルスでリオ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)は、タイのペアにストレート勝ちし、田中志穂、米元小春組(北都銀行)とともに4強入りした。

 男子ダブルスの園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)は、佐伯祐行、垰畑亮太組(日本ユニシス)組に2―1で勝った。
...    
<記事全文を読む>