「お帰りなさい」「金メダルおめでとう」―。五輪の女子個人種目で史上初の4連覇を達成し、国民栄誉賞の受賞が決まったレスリング女子の伊調馨選手(32)=八戸市出身、ALSOK=が、リオデジャネイロ五輪後初めて帰郷。市民の盛大な祝福と歓迎を受けた。

...    
<記事全文を読む>