【鈴鹿】来月、鈴鹿市稲生町の鈴鹿サーキットで開催する「F1日本GP」を前に、鈴鹿商工会議所(山本忠之会頭)は、同市の近鉄白子駅西口にある「モータースポーツ都市宣言のまちのためのランドエリア」に、昨年のF1日本GPで表彰台に上った三選手の手形やサインなどを刻印したプレートを設置。二十三日に初披露した。プレートの設置は昨年に続き二回目。

 同エリアはモータースポーツ都市宣言をしている市のシンボルとして、昨年設置。過去に鈴鹿で開催したF1レース優勝者の記録を刻印したプレートや二年前のトップ3選手の手形などを刻印したプレートなどが並んでいる。平成三十年まで、計六体並ぶ予定。

 新設した手形プレート...    
<記事全文を読む>