リオデジャネイロ五輪の男子団体で初の銀メダルを獲得した日本代表。五輪後、初めて地元北海道に戻ったメンバーの1人、丹羽孝希(明大、苫小牧緑小出)に大会を振り返ってもらうとともに、4年後の東京五輪への思いを聞いた。(聞き手・石垣総静) ――メダル獲得で一気に脚光を浴びた。

 「現地では日本の盛り上がりが伝わってこなかった。羽田空港に着いたら500人ぐらい集まっていて、初めて『すごいことをしたんだ』と実感した。ロンドン五輪の時は帰国しても誰もいなかったから」 ――大会前は「メダルを取れなかったら引退する」とまで言っていた。

 「正直、直前も結果が出ていなかったし、自信はなかった。しかも、日本は世...    
<記事全文を読む>