2020年東京五輪の正式種目に決まったスケートボードの普及を後押しするため、日本スケートボーディング連盟(JSF、村上市)が移動式のスケートボード設備(セクション)を製作した。JSFによると「移動式セクションは日本初」といい、各地で大会やデモンストレーションを開催できるようになる。JSFは25日、村上市田端町の県村上地域振興局駐車場で完成披露会を行う。

 スケートボードは全国的に大会を開催できる施設が少ないため、参加者や観客が限定的だった。JSFは「さまざまな場所で大会を開くことがスケートボードの普及と人気拡大につながる」と考え、数年前から移動式セクション製作を計画した。

 村上市はソチ五...    
<記事全文を読む>