十一度目の防衛を果たしたボクシングWBC世界バンタム級王者の山中慎介選手(33)が二十一日、出身地の湖南市役所を訪れ、勝利を報告した。ロビーに集まった市民らを前に山中選手は「たくさんの応援をありがとう。元気を与えられるような試合をするので、これからも応援をよろしくお願いします」と感謝の言葉を口にした。

 山中選手は十六日のタイトルマッチで再戦となったアンセルモ・モレノ選手を七回KOで破った。あいさつの中で「倒し倒されの厳しい戦いでハラハラもさせてしまったが、勝つことができてホッとした。KOで勝つことができて、若くなったような気持ち」と振り返った。

 谷畑英吾市長は懇談の中で「顔がはれていな...    
<記事全文を読む>