青森県八戸市は、2019年秋のオープンを目指している市屋内スケート場(仮称)のこけら落としとなる国際大会として、20年2月から3月ごろに行われる「スピードスケート世界選手権」の誘致を目指す方針を決めた。日本スケート連盟のアドバイスを受けて招致大会を絞り込んでおり、国内の有力な候補地となり得る。

...    
<記事全文を読む>