大相撲秋場所11日目(21日、両国国技館)の郷土勢は、幕下の白鷹山(白鷹)が竜王浪に寄り切られ、3勝3敗となった。

 序二段の最上錦(大蔵)は上手投げで奄美岳に敗れ、負け越しが決まった。高倉山(米沢)は姫勝山をすくい投げで下した。ほかは取組がなかった。

...    
<記事全文を読む>