第1日は20日、東京体育館で予選が行われ、女子シングルスは高橋沙也加(日本ユニシス)仁平菜月(福島・富岡高)らが勝ち上がり、21日からの本戦に進出した。リオデジャネイロ五輪銅メダルの奥原希望(日本ユニシス)は本戦から出場。女子ダブルスで同五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス、宮城・聖ウルスラ学院英智高出)は第1シードで、22日の2回戦から登場する。

 男子シングルスでは5月の国・地域別対抗戦トマス杯代表の武下利一(トナミ運輸)が2試合に勝って本戦の出場権をつかんだ。◎デンマークペアとの再戦誓う 20日の開幕に合わせて、リオデジャネイロ五輪女子ダブルスで金メダルを獲得した高橋...    
<記事全文を読む>