ソフトボールの日本リーグ女子1部のシオノギ製薬(兵庫県尼崎市)は、11日のリーグ戦第6節(9月11日現在)を終えて3勝10敗で12チーム中10位と苦戦が続いている。そのチームにあって、4番の上田がリーグ3位の15安打、打率は同5位の4割5分5厘をマークして奮闘している。(宮崎真彦) 上田は左投げ左打ちの外野手。丹波市立柏原中でソフトボールを始め、篠山鳳鳴高から東海学園大を経て2010年にシオノギ製薬に加入。2部だった昨年は、打率4割5分5厘、3本塁打、17打点をマークしてチームの1部昇格に貢献した。

...    
<記事全文を読む>