【東京】東京オリンピック空手沖縄開催誘致実行委員会(会長・翁長雄志知事)は20日、内閣府で丸川珠代五輪相と会談し、空手競技を沖縄で開催するよう要請した。丸川五輪相は「前回の東京オリンピックでは、聖火が沖縄から鹿児島に渡った。聖火リレーや(空手競技の)会場については、東京都や組織委員会が主導しているので伝えたい」と答えた。

 要請内容は、(1)県を聖火リレーの出発地とすること(2)空手の一部を県内で開催すること(2)沖縄伝統空手・古武道やエイサー、琉球舞踊などの沖縄文化・芸能を開会式のプログラムに加えること(4)事前合宿の誘致に協力すること-の4点。

 翁長知事は「来年には豊見城市に空手会館...    
<記事全文を読む>