8月に東京都で開かれた「全日本綱引大会」で、初出場した東山泉小の女子チームが優勝、男子チームが準優勝に輝いた。決勝は両チームの戦いとなり、互いに全力を尽くした。子どもたちは「学校や地域の方の応援でよい結果を出せた」と喜んでいる。

 小学生対象のジュニアの部に出場した。男女問わず全チーム参加の予選リーグと決勝トーナメントで争った。女子は予選を4勝0敗、男子は3勝1敗で勝ち抜き、4チームによる決勝に進んだ。

 男女とも、体格が大きい他府県の強豪チームに勝つなど、粘り強く戦った。決勝は女子に軍配が上がり、別府舞子さん(11)は「練習では男子に負けていたので自信になった。楽しかった」と笑顔。林(り...    
<記事全文を読む>